浜松町こころのステーション・クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-6452-8626

診療案内

Medical

診療案内

このような診療を行っています

カウンセリング

カウンセリングは、薬物療法と並び、重要な治療のアプローチです。 薬物による治療によって一時的に症状を改善させても、その回復した状態を維持するためには患者様ご自身がその方法を身につけていくことが大切です。目には見えない「こころ」の治療であるからこそ、専門的な訓練を受けた生身の人間であるカウンセラーと…

うつ病

人間関係、仕事関係、家庭内の問題などのストレスがきっかけで(きっかけやストレスがない場合もあります。)、気分が落ち込む、眠れない、食欲がない、集中力がないといった状態が続く場合は、うつ病の可能性があります。うつ病は決して珍しいものではなく、日本の場合、若年者に加えて中高年でもうつ病の頻度が高いのが…

不眠症

不眠症は文字通り、眠る事が出来ない状態です。 一口に不眠と言っても、寝つきが悪い、睡眠が浅い、途中で目が覚めてしまう、寝起きが悪い、生活リズムが逆転しやすいなど、様々な状態があります。 原因も様々で、そのままにしておくとうつ病などが増悪する要因にもなります。 悩みや心配事 就寝前にスマートフォン…

適応障害

健康問題、経済問題、対人関係、仕事の悩みなどのストレス因子をきっかけとして、さまざまな心身の症状が現れ、社会生活に支障をきたす不適応反応を適応障害と言います。ストレス因子に対する反応であり、症状はストレスが生じてから3ヶ月以内に出現し、情緒面や行動面で多彩な症状がみられます。 人によって様々な症状…

パニック障害

激しい恐怖または強烈な不快感が突然に高まり、息切れ、動悸、発汗、吐き気、めまいなどが出現する状態を「パニック発作」と言います。さらに、このパニック発作が特定の状況に限らず繰り返し起きる様になった状態をパニック障害と言います。 パニック発作を繰り返すことにより、発作がまた起こるのではないかと不安にな…

社交不安障害

人前での話や行動に強い恐怖や不安を感じ、動悸や発汗、震えなどの症状がみられます。多くの場合、恥をかいたり恥ずかしい思いをする事を恐れ、苦手な場面を避けようとします。 このため、自分の能力を十分に発揮できず、人生に対して消極的となってしまいます。 発表など他人から注目される状況が苦手 人前で恥ずか…

統合失調症

統合失調症は妄想や幻覚、考えや気持ちがまとまらないなどの症状を呈する精神障害で、約100人に1人がかかるといわれています。原因は完全には解明されていませんが、脳内の神経伝達機能の乱れと考えられています。 また、遺伝的要因やストレスなどの環境的要因が発症に関係しているのではないかとも言われています。…

双極性障害

双極性障害(躁うつ病)は気持ちが高ぶる躁状態と気分が落ち込むうつ状態を繰り返す精神障害です。躁状態は爽快な気分かつ活発で、本人も周りも最初は症状に気付かない例が多くみられます。しかし、その行動は思いつきで場当たり的のため、結局は周りに迷惑をかけてしまいます。うつ状態はうつ病によるうつ状態と同じ状態…