浜松町こころのステーション・クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-6452-8626

クリニックブログ

blog

Appleビジネスチームとの連携

またまた久々のブログ更新である・・・(⌒-⌒; ) 意外に読んで下さっている方もそれなりにいるので、出来るだけ更新をしていきたい(あくまで努力目標ですが…)。 さて、当院の特徴として、Appleビジネスチームとの連携がある。 Apple社と言えばあのカリスマ、スティーブ・ジョブズが音頭を取って成長させた世界的企業だ。 そんな企業が直接、ウチの様な零細クリニックをバックアップしてくれるなん...

〜BGMについて〜

さて、かなり間が空いてしまったが、ブログを更新しようと思う。 今回のテーマはBGMについてだ。 BGMが空間の雰囲気を作る上で非常に重要というのは言うまでもない。 BGM次第で気分が高揚したり、リラックスしたり、切ない気持ちになったりと、様々な効果を発揮する。 それなのになぜ世の中の多くのクリニックではBGMを吟味しないのだろうか? 僕から言わせれば単なる怠慢、単純に患者目線が無いからに...

内装について③〜部屋毎の役割〜

当院の内装については、語り尽くせない程の面白ネタが満載で、ブログにも書ききれないのだが(ブログ更新、サボっててスイマセン…m(__)m)、今回は、ざっくりと当院の部屋割りについて話そうと思う。 ちなみに、このブログ記事を書いている時点で既にメディア取材済みだったりするのだが、当院内装は、「入った瞬間から治療が始まっている」というコンセプトが根幹にある事は以前にも書いたと思う。クリニック全体を癒し空...

内装について② 〜パレイドリア〜

さて、前回のブログで「内装は医学的・治療的な見地にも基づいている」と書いたが、今回はその事について書いていこうと思う。 サブタイトルに表記したが、「パレイドリア」という用語をご存知だろうか? 専門用語なので知らない方がほとんどだと思う。 「パレイドリア」とは、「視覚刺激や聴覚刺激を受けとり、普段からよく知ったパターンを本来そこに存在しないにもかかわらず心に思い浮かべる現象」を指す(by ...

内装について①

  • 2019年5月11日
当院の内装についてはHPトップにも「カフェをイメージした〜」と書いたが、実はそれはあくまで雰囲気を端的に表した表現に過ぎない。 根本にある思想は、「クリニックに入った瞬間から治療が始まっている」という事。 通常の医療機関は、待合室から診察室に入ってから治療的介入が始まるが、そういった思い込みをゼロベースから見直して設計立案している。 僕はシアトル系カフェが好きなのだが、ある時ふと不思議な...

白衣について

当院を受診された方ならご存知だと思うが、当院は診察時に白衣を採用していない。医師だけでなく事務員、カウンセラーなどスタッフも含めてだ。 正確には採血時に白衣を着るのだが、メンタルクリニックなのでその着用頻度は低い。内科などでは処置や採血が日常なので常時着用が必須なのだが、メンタルクリニックではむしろ白衣のメリットよりデメリットが大きい様に思う。 「白衣高血圧」という言葉をご存知だろうか? ...

VR(バーチャルリアリティ)でのインテリア・コーディネート

  • 2019年4月17日
さて、以前のブログでも触れたが、当院のインテリアは 通常のインテリア・コーディネーターに頼んだ訳ではない。 表題の通り、VR(バーチャルリアリティ)で選んだ代物だ。 「何が何だか訳が分からない」という方に説明しよう。 専門のソフトでクリニックの3D立体パースを作成し、 その空間の中にウェアラブル端末を装着して入り込んで 家具などインテリアを確認する。 こんな感じである・・・(。゚ω゚) ...

4/1、オープン致しました!

内覧会と同様、報告が遅れてしまいましたが、 4/1,浜松町こころのステーション・クリニックをオープンしました! 応援して頂いた方々には感謝しきれません。 今後とも宜しくお願い致します。   浜松町こころのステーション・クリニック 石井辰弥 ...

内覧会にお集まり頂きありがとうございました。

投稿が遅れてしまいましたが、3/30の内覧会、たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました。 また、たくさんのお花を贈って頂きまして誠にありがとうございます。 浜松町こころのステーション・クリニック院長 石井辰弥 ...

内装工事が終わった!

ブログだと途中過程を色々と端折っているが、遂にクリニックの内装工事が終わった! 当院の内装コンセプトはカフェの様に寛げる空間。 天井にはルーバーを遇らい、木漏れ日に包まれている様な光を演出した。 都会のオフィスビルのクリニックだが、一歩踏み入れるとあたかも砂漠の中にオアシスを発見したかの様な感覚。 詳しくは別の回に書くが、家具もVR(バーチャルリアリティ)空間に僕が自ら入り込んで選...
1 2