浜松町こころのステーション・クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-6452-8626

日本人のこころの健康意識について

Blog

日本人のこころの健康意識について

一般に、「日本人はこころの健康意識が世界的に見ても低い」と言われている。

例えば、アメリカでは何かに思い悩んだとき、カウンセラーに相談するということがごく一般的に行われている。

専門家のカウンセリングを受けることへの敷居が日本と比べて圧倒的に低く、身近な理由、例えば「友人・恋人と上手くいかない」「ペットが死んでしまって元気が出ない」「学校の成績が伸び悩んでいる」などでカウンセラーの元を訪れる。

悩みの大小に関係なく、どんな内容でもカウンセラーに話を聞いてもらうのだ。

一方、日本ではまだまだカウンセリングを受ける事自体へのハードルが高く、これ以上我慢ができなくなるまで待ってしまったり、周りの目が気になってカウンセリングを受ける事を恥ずかしく感じてしまったりする。

日本人の場合、友達の多い方だと親しい友達に相談したりもするが、結果、その友人は疲弊して人間関係が悪くなったりする。

不眠に関しても同様だ。欧米だと自分自身に合った適切な睡眠薬で調整する人が多いが、日本人はまず寝酒で対応し、結果、肝臓を悪くしたりする。 

日本人の自殺率が高いのは、根性論や「他人に迷惑を掛けない」という文化的背景が関係している様に思う。割り切って専門家にコンサルティングすれば良いのだ(どの分野にも言える事だが…)。

ウチのクリニックでは「メンタル科を受診する事への偏見やハードルをいかに取り除くか」という事に留意して、意識の高い層に発信している。

自分自身の体調を整えるのと同じ様にメンタルを整える時代が来るのは、日本ではいつになるのだろう?

(To be continued…)