浜松町こころのステーション・クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-6452-8626

双極性障害

Medical

双極性障害

双極性障害(躁うつ病)は気持ちが高ぶる躁状態と気分が落ち込むうつ状態を繰り返す精神障害です。躁状態は爽快な気分かつ活発で、本人も周りも最初は症状に気付かない例が多くみられます。しかし、その行動は思いつきで場当たり的のため、結局は周りに迷惑をかけてしまいます。うつ状態はうつ病によるうつ状態と同じ状態です。そのため、躁うつ病をうつ病と診断され治療がうまくいかず長引くケースもみられます。双極性障害(躁うつ病)とうつ病は異なる病気であり治療法も異なるため、きめ細やかな問診を行い、双極性障害(躁うつ病)の治療を正しく行うことが大切です。

躁状態の症状

  • 爽快な気分で、高揚している
  • いらいらして、怒りっぽい
  • 活動的になる
  • おしゃべりになる(考えが次から次へと思い浮かぶ)
  • 眠らなくても平気
  • なんでもできる気がする
  • 注意が散漫である
  • お金をよく使うようになった
  • うつ状態の症状
  • 気分が落ち込む
  • 何も楽しめない
  • やる気が出ない
  • 疲れやすい
  • 食欲がない、体重が減った
  • 死にたくなる
  • 眠れない

治療

薬物療法などにより躁状態やうつ状態の改善をはかり、再発を防ぐために服薬を継続することが大切となります。治療薬は、気分安定薬や非定型抗精神病薬などが用いられます。急性期における抗躁効果、抗うつ効果に加えて、再発予防効果を踏まえた薬剤調整が大切となります。また、双極性障害を本人が正しく理解するための心理教育や精神療法も必要となり、家族を始めとした周囲の方にも理解を深めて頂きます。